2月に入りました。

もの凄い、勢いで走り抜けて行く方々の後ろ姿を、ただただ、眺めている状況が続いています。日本のお笑い界を牽引している吉本興業の芸人さん達が次々と新しい、形を見せてくれています。芸人さんというよりは、もはやクリエーターという括りが、ピッタリとくるような気がします。

才能豊かな人々というのは、いつの時代も、ひとつだけに止まらず、幾つものタレントを保持していて、その、どれもが、人並外れているって、羨ましすぎます。「お笑い芸人になりたい!」と思ったことは、かつて、一度もありませんでしたが、喋りの達人、場読みの達人、人を沸かせる達人、などなど、凄いことをしている人達なのだということを、youtubeという媒体で、数多くの芸人さんが、ご自身のチャンネルをスタートさせた事で、深く、感じ入りました。

そして、今、時代の変化というものを、組織の在り方、自分が行きたい道の示し方などを含め、わかりやすい言葉を屈指しながら、戦いではなく、話し合いという形での解決を見出そうとしていく姿を見る事ができていることに、感動します。

もはや、日本を変えるのは政治家ではなく、才能溢れる芸人さん達なのかもしれません!!

もちろん、芸人さん達が全て、新しい時代の牽引者に優れているというのではありません。面白いことに、”ダメなことはだめ”と強く言えるタイプと、大きな物には巻かれるタイプなど、どこの世界にもあり得ます。

それは、ただ単に、性格というだけでなく、生まれ月のエレメントなどによっても、自然に備わっていたりします。ですので、自分には無理と感じる人々と、同じ感性で同じ熱量で向かっていける人々との間では、意見の食い違いや、感覚の相違で物別れになってしまうというのも、納得が行きます。

なので、この人とはどうしても感覚が合わない!と感じる時、お互いを傷つけるという事ではなく、星座のエレメントを知るだけでも、「あ〜、そういうことか。」と、お互いの人格を否定するという事ではなく、客観的に、見て取れると思うのです。

エレメントだけではないのですが、古い昔から変わらずにあるものというのは、やはり、奥深い意味が引き継がれていると思うのです。星の位置、太陽や月の満ち欠けというのを、目安に時代を読み解いてきた事が、今日、読み解きも多くの人々が自分で出来る様になっていることには、大きな意味があると思います。

かつては、特別の人々だけで受け継がれてきた事が、どんどん、広がって、私達でさえ、学ぶ意欲と、知りたい欲がある事で、どんどんとその扉が開いて行っているのです。

数字の並びにも、自分の道への謎解きが秘められているのですが、気になる人は、気になるし、気にならない人はならない。それで、いいのです。その、感覚の違いがあるという事を、理解していれば、他の人に対して、アンチという立場で、集団で立ち向かうことも必要ではない事がわかるから。

それと合わせて、いつも自分軸の整えを続けていく事で、周りの現象に惑わされない自分を保っていく事が出来ます。

多くの皆さまが、気持ちよく過ごせる毎日でありますように!