ハイからこんにちは。

1年で最も平和を感じるクリスマス・イヴをいかがお過ごしでしたでしょうか。

ハワイでは昨夜がイヴでしたので、私はハワイアンの主人とお友達を

伴い、イヴのひと時をクリスマス礼拝に教会を訪れました。

 

数々の祝日がある中で、祝日を祝う数日間を「Happy Holieday !」と

祝いあうのはこの、クリスマスのシーズンだけなんです。

 

今まで、いがみ合っていた人々も、戦争をしている国々の人々も、この日ばかりは

平安を祝わずにはいられません。

 

 

日本でも、いつの頃からかクリスマスを家庭で、友達と、祝う習慣が一般的になっています。

なぜ、この日を盛大に祝うのか。。。

 

いつの世も、勤勉に働きながらも、経済や自然の災害に見舞われ、明るい未来の兆しを見いだす

ことが出来ず、救いを求める人々にあふれています。

そんな中、救いの光をもたらす救い主が現れると知ったら。。。。

 

神様からの贈り物。

救い主の誕生。

 

私たちは幸せにおいても、速攻性を求めがちですが、救い主がもたらした光のしずくは、

1滴1滴の雫を大地が受け止め、

木々が、花々が、草草が育ち、華やぐように目には見え

にくいけれども、確実にそれぞれの栄養となり、

育みの糧となる、かけがいの無いものを

私たちには与えられているのです。

 

すぐに満たされてしまい、いつの間にか興味も関心もなくなってしまうような、

ゲームやおもちゃではない、

確かな道を、私たちは救い主の誕生により与えられたのです。

 

確かな幸せを、大切な人々と共に祝うことが出来ますようにと

Mother Earth は願っています。